Top > PC周辺機器 Archive

PC周辺機器 Archive

lonovo ThinkPad10/ELECOM Bluetoothキーボード TK-FBP069BK

購入済 満足度:★★★☆☆ 止水費用:¥87,858
lonovo ThinkPad10 + クイックショット・カバー
私はタブレットはiPadの古いのを2台使ってます。
劇的に生活を変えた便利なものでしたが、Windowsが利用できなくて不便なことも増えてきました。
ホームサーバーもWindows系なのでなおさらです。もちろんノートPCはあるのですが、iPadに慣れるとどうも大きいし、重いし、起動が面倒・・・。
ならばタブレットだ!とまたまた突発的に思ってしまいました。

lenovo 公式ショップ の直販でカスタマイズして購入しました。
基本的には「Windows8.1 with Bing 64bit」Office付きをベースに、ペン対応とディスク容量を64GBから128GBに増量させたものです。

付属品はThinkPad 10 クイックショット・カバーのみ購入。
tp01.jpg

お値段はクーポン込みで、¥87,858でした。

ちなみに、キーボードはELECOM Bluetoothキーボード TK-FBP069BKを購入しています。

購入済 満足度:★★★★☆ 止水費用:¥3,991
ELECOM Bluetoothキーボード TK-FBP069BK

▼ 続きを読む

BUFFALO 有線LANポート搭載接続機器用 ワイヤレスユニット WLAE-AG300N

購入済 満足度:★★★☆☆ 止水費用:¥6,942
リビングのテレビを買って、ようやく家庭内フルDLNA化が完了し、再構築をはじめたところ・・・
2Fのテレビが繋がらない。
ここは有線LANのケーブルが届いてないので、無線LANの子機を利用しているですが、

今度は、無線LAN子機が壊れました!!

ってことで、またまた急遽の購入となりました。

▼ 続きを読む

ポータブルワイヤレスサーバー WG-C10

購入済 満足度:★★★☆☆ 止水費用:¥8,980
4月末に発売されたばかりの SONY ポータブルワイヤレスサーバー WG-C10 を予約購入しました。

↓ この動画を見て、安価だったのもあって、つい飛びついてしまいました。


この製品は若干使う人を選びますが、使い方次第で役立ってくれそうです。
特に、タブレットやスマホを複数台持っている人には、よさそうですね。

正直ぶっちゃけてしまえば、何のことはない、これはWi-fiのカードリーダーです。
しかし、色んなアイディアが詰まっていて、無線のWifiゆえにその使い方の広がりを感じさせてくれます。

Apple製品(iPhone、iPad)にはUSB端子や、メモリカードが利用できません。
Android等だと、USBもSDカードもMicroタイプはついてますが、変換ケーブルが必要だったり、有線接続の煩わしさが残ります。
これらをWi-fi接続することで、データの相互利用をおこなうというものです。


いくつもの端末に同じデータを持たなくとも、サーバーとして共有させることができます。

また、Wi-fi利用は多数の機器と同時接続するメリットがあるので、会議等で各人の端末にて資料共有することも可能です。

旅先でデジカメで撮った写真をすぐにスマホやタブレットに取り込み、そのままSNS等にアップロードができます。


このように、まぁ言い換えれば、クラウドサービスをローカルで行うよう事が可能となります。

今回は、私は ソニーストア で予約購入しました。
フライング気味で機器はちゃんと届きましたよ。
WG-C10_01.JPG

背面がアルミ切り出しのような金属素材で、見た目よりずっしり感があります。
足の上など落とすと、とても痛そうです。w
WG-C10_02.JPG

内部ストレージを持たない思い切った仕様。
SDカードを利用することになります。
サーバーなので大容量内部ストレージが欲しいですが、大きさ的にもコスト的にも厳しいですかね。
SDカードは64GBまでになってきましたので、用途に応じてカードを差し替えるやり方となりそうです。

PCへはMicroUSBで接続しますが、通常のUSBポートもあり、こちらにはUSBメモリを接続することができます。
WG-C10_03.JPG

あとは何と言っても、MicroUSBをストラップ化している仕様が心憎いですね。
WG-C10_04.JPG

MicroUSBは最近、汎用性が高くなってますので、デジカメやスマホなどにも転用できて外出先で役立ちそうです。

ワイヤレスLANを使うので設定が面倒そうですが、iPhone、Androidとも、あっさり繋がりました。
基本的にまず、セキュリティなしで繋がって、その後専用アプリで WPA2 などのセキュリティを施します。
凄く簡単でした。

専用アプリはiPhone用、Android用ともストア内で無料配布されており、データ転送もここで行います。


とまぁ、こんな感じです。。。
これまでは、2.5インチHDDなどをポータブルストレージとして使ってきましたが、SDカードやUSBメモリの大容量化に伴い、こちらの利用が増えてきました。
そして、それをWi-fi接続できるものとして今後重宝しそうです。




Celluon レーザー投影式キーボード Magic Cube シルバー Bluetooth USB keyboard

購入済 満足度:★★★★☆ 止水費用:¥16,500


またまたほんとはあまり必要としていない・・・んですが、どうしても近未来のカッチョよさに惹かれて、誘惑に負けてしまいました。

机上の何もないところに、レーザー投影して使用するという画期的なキーボードです。
まさに興味本位のなにものでもないんですが、とにかく試してみました。

MagicCube02.jpg

本体の大きさは38mm×75mm×29mmで重さは約78g
持ち歩くのに支障のないコンパクトさ。

接続はBluetoothです。
この製品を利用するのはスマートフォンか、タブレットPCになるはずです。
なので、無線のBluetoothはとても良いですね。
充電タイプ(2時間くらい利用可)ですから、完全にケーブルレスで利用可能です。

接続もBluetoothに慣れていれば、戸惑うことはないでしょう。
充電がUSBですので、もちろんUSB接続での利用も大丈夫です。
この場合、充電しながらの利用ができます。

キーピッチは19mmで、まぁ一般的な十分な大きさです。
えー、もちろん、キーストロークは0(ゼロ)です。(あたりまえw)

英字配列キーボードですが、もちろん日本語入力は問題ありません。
ただ、キー配置はフルキーボードに比べると少なく、配置も若干特殊です。


MagicCube01.jpgさて、問題の使用にあたっての感度です。
実際、使用するまでかなり懐疑的でした。

が、思ったよりは認識率はよいです。
なにより、押したときに「ピッ」と入力音がしてくれるのが素晴らしい。
クリック感がないだけに、必須の機能なのかもしれませんが、随分安心感を得られました。

一方で感度が良すぎ!ともいえます。
例えば机に照射していて、机に触れるか触れないかくらいで反応してしまうことがあります。

これは特にノートPCでパームレストに手首を置く癖のある人(おそらく大多数でしょう)は、上方配置キー入力時には手首を浮かさないと反応してしまうことがあります。
このあたりの使用感は個人差はあるかもしれないんですが、はじめは戸惑うと思います。
その癖をつかめばスムーズに入力できるようにはなりますが、いずれにせよ最初は一定の慣れが必要かもしれません。

後はやはりレーザー照射だけに使用可能なシチュエーションを選びます。

もちろん、本体との間に障害物があるとだめですので、本体からの照射距離もあわせたそれなりのスペースが必要です。

当然ながらある程度暗い方が視認性もよく、ライトなど強い光源や屋外利用は難しいでしょう。

後、最近よくみかけるガラストップの机はだめです。
レーザーマウスなどと同様で、ガラスの表面と下地と2重化して投影されてしまいます。

MagicCube03.JPG
ちょっとわかりにくかもしれませんが、こんな感じです。

全体としてはたいへんよく出来てる・・・よく出来ているんですけども・・・
実用的かどうかは、ちょっと疑問ですかね。

最近はコンパクトにもなってますし、できればちゃんとしたキーボードの方がいいですね。
実用としては、↓を買え!w・・・といいたいかな?

Apple Wireless Keyboard (JIS) MC184J/B
アップル (2011-07-22)
売り上げランキング: 1470


ただ、文句なくサイバーで、超カッコイイです。それは断言できます。
自慢も出来る一品です。(笑)


PLANEX 300Mbps 超小型ハイパワー無線LANマルチファンクションルータ/アクセスポイント/コンバータ MZK-MF300N2

購入済 満足度:★★★★☆ 止水費用:¥3,591

私は先月、週末はほぼすべてが旅行という結構なバカンス三昧を満喫しました。
メインは写真撮影のため、カメラ関係でどうしても荷物が重くなってしまいます。
ノートPCですら重いなぁ...という状況なので、ここは先日購入したipad2 様の出番です。

ipad2はWifiモデルでも、工夫すれば十分PC代わりに私の用途を満たしてくれます。
ただ、いかんせんWifiのみで有線LANポートはありません。

最近のホテルでは、インターネット環境は充実してきましたが、無線LAN環境までとなるとまだまだ微妙です。
そこでホテルの有線LAN環境を無線化してくれるモバイル用のポケットルータなるものってないのかなぁ...と画策したところ...

ちゃーんと、たくさんあるじゃないですか!

正直、ホテルで一時的に使うだけの用途です。
そのため、高機能というよりも、お手軽、軽量という点を重視しました。

ルーターって一昔前に比べると本当に安くなりましたね。
このクラスが3~5千円程度なので、多少割り高でもいいかなという気になりました。

その結果、なかなかの高機能なルータが手に入りました。
それが PLANEXのMZK-MF300N2 です。

Router.jpg


軽量・コンパクトなのに、IEEE802.11n(300M)に対応しています。(他ではbとgで、aは非対応)
私の場合、一時利用ですので、セキュリティはそれほど気にしなくてもよいのですが、マルチSSIDにも対応しています。

ほとんど通常のルータと変わらない機能をもっており、普通に家庭用としても使えるんじゃないでしょうか。
ただ、電波強度は強くありませんので離れた場所での利用には厳しいです。

設定はWebブラウザで行います。
そのため、有線接続ができないipad2でのぶっつけ現地設定はやや不安だったんですが、あっさりと自動でつながり全くの杞憂に終わりました。

注意としては、付属のLANケーブルは短いです。(0.5m)
(まぁ、それでいいんですけど...)
たいていは大丈夫なんですが、ホテルによっては電源とLANポートが必ずしも近くにないことがあります。
その場合は長いLANケーブルか電源コード(もしくはUSBコード)の延長が必要となります。
(実際、長いLANケーブルをフロントで借りる必要が一度生じました。)
旅行に携帯する際は巻き取り式の長めのケーブルがあれば安心ですね。


以上、お手軽価格で、よい買い物をしたと思える一品でした。

この価格で、このコンパクトさで、この性能です。
スマートフォンや携帯端末を宿泊先でWiFi利用したい時用の必携のブツとなりました。


キャノンプリンタ CANON PIXUS MP640

購入済 満足度:★★★★☆ 止水費用:¥16,500
Canon PIXUS インクジェット複合機 MP640
キヤノン (2009-09-17)
売り上げランキング: 15
おすすめ度の平均: 4.5
4 とりあえずは満足
5 便利になりました。
4 インクジェット複合機
4 満足です^^
5 買って良かった!!

 私は基本的にデジタル保存が好みなので、実はあまりプリンタについては使用頻度は低いです。
せいぜい年賀状や、頼まれもののドキュメント作成(写真印刷・CDやDVDパッケージなど)くらいでしょうか。
ただ、そのいざという時になければ困るのがプリンターです。

 昔は安くて高機能な日本HP 製プリンタが好きだったのですが、紙送りがうまく動作しないことが多く(今はそんなことはないんでしょうけど)、キヤノン PIXUS MP500に乗り換えたところ、あまりの使いやすさに感動しました。
まだまだMP500は現役で使えたんですが、その後継機種のMP640がお安くなってましたので、買い換えました。
それにしても、インクジェット複合機は本当に安くなりましたね。

 この製品の特徴としては、はがきやL判写真用紙などについては、A4用紙とが同一カセットに収納できず、背面給紙となります。
私はA4以外はそんなに使うことはないので気になりませんが、よく使う方は注意が必要かもです。

 スキャン・コピーのセンサーはCCDではなくCIS方式ですが、大きな差はないように思います。
スキャン速度はとても速いです。

 CD・DVDラベル作成は付属の専用トレイを使います。
なくさないかちょっと心配です。

 一番のポイントは無線LAN対応でしょうか。
コンパクトになったとはいえ、やはりプリンタは大きいです。
複数の機器も今や当たり前ですので、電源ケーブル一本で済む無線LANはありがたいです。

 後、この機種が売れ筋ランキング1位に君臨している大きな要素に付属ソフトウェアの使いやすさがあります。
特にWebページ印刷する際にHTML文書を自在に切り抜き印刷できる「Easy WebPrint EX」は重宝します。
普段ブラウザはFireFox使ってますが、印刷時はIEに切り替えてこのソフトで印刷しています。

 iPhoneも使ってますので、「Canon iEPP」(Canon Easy-PhotoPrint for iPhone)もよいですね。
iPadでも使えるようですよ。

 概ねまとめると、いわゆる一般的な家庭でつかうプリンターとしては必要十分な機能があります。
特別画質を追い求めるわけではなく、「使いやすさ」重視なら、値段的な部分も考慮して、この製品が現状ピカイチなんではないでしょうか。
無論、画質も悪いわけではなく、私はデジ一眼での写真印刷も行いますが、不満の出たことはありません。
発色やインクの好みはあるかもしれませんが、十分キレイに印刷できます。
最も5色インクですので、最上位クラスに比べると見劣りもあるでしょう。

 ただ、私の使用環境ではそこまで画質重視ではありません。
何よりこの値段を考慮すれば、コストパフォーマンスは非常に高いと思います。
特に今はは何故かAmazonがとても安くてお買い得です。

 また、どのプリンタでもそうですが、本体価格の値段の安さは、インクカードリッジで回収できるからです。
どうしてもランニングコストはかさむのですが、今はこんな製品もあるんですね。

もちろん純正品より画質はおちるそうですが、一考してみてはどうでしょうか。

 最後にもう一点。
プリンタの電源は普段入れっぱなしにしておくべきか、使わない時は電源を切っておくべきかという点です。
どちらが正しいかは私も何とも言えません。

 インクは長時間使用しないとノズルの目詰まりが起きてしまいます。
一方で最近のプリンタには自動クリーニング機能がついており、電源を投入時にはクリーニングされます。
その際、当然電力とインクが僅かながら消費されます。
つまり、あまり頻繁に電源の入り切りをするのは得策ではありません。
また、せっかくの無線LANを利用していながら、わざわざ電源を入れるために結局プリンタ本体を操作しなければならないのは本末転倒です。

 かといって、長時間利用しないなら、いくら省電力になったとはいえ、絶対に電源を切っておいた方が得です。

 まぁ、結局は利用スタイルによって替わるのではないでしょうか。
頻繁に色々な機器から印刷するなら、電源入れっぱなしの方が利便性からもよいでしょうし、あまり印刷しないなら電源は切った方がいいと思います。
私は完全に後者ですので、電源は切ってます。
ただ、下手したら3ヶ月くらい使わないこともありそうですので、定期的に電源をあえて入れてクリーニングはしておきたいですね。


Index of all entries

Top > PC周辺機器 Archive

Search
Adsense
Banner