Top > カメラ > SONY ミラーレス一眼 α7R II ボディ ILCE-7RM2

SONY ミラーレス一眼 α7R II ボディ ILCE-7RM2

  • Posted by: bakusuinobita
  • 2015年8月27日 09:04
  • カメラ
購入済 満足度:★★★☆☆ 止水費用:¥427,928(アクセサリー込)

「よくもやってくれたな!!!SONYぃい!!!」

良くも悪くも、第一声はそれでした。
それぞれに機能特化してしまい、一長一短なフルサイズミラーレス一眼「α(アルファ)シリーズ」。

全部のいいとこ、すべて乗っけてしまえ!という史上最高カメラが登場しました。

でもね。。。お値段も史上最高レベルの40万オーバーwww

買えるか!!!こんなもん!!!

と思いましたが・・・

・・・

・・・このスペックには勝てなかったよ。w

世界初のフルサイズミラーレス α7が世に出たとき、私は飛びついて購入しました。
その後、α7はそれぞれ機能特化して、高画素の α7R、高感度の α7S、と次々と亜種が発売されていきます。

もはや、αシリーズのラインナップは、何が何やらわからなくなってきました。w
わかりやすく、新型と入れ替えてくれたらいいのですが、α7の後継、α7Ⅱが出ても旧機種はまだ残っています。

・・・どうも最近は新型を価格上乗せで別型番で出す方向性のようですね。

そんな中、高画素特化型タイプのα7Rの後継、α7RⅡが出てきた訳です。
その内容が凄まじかった。


【仕様】
各機種の違いを下表にまとめました。
比較表

ISO感度こそ、α7Sに及ばないものの、α7Rの特徴である高画素をより上回るだけでなく、α7系のFハイブリッドAFと、ボディ内手ブレ補正、さらにα7Sの高 ISO感度と静音シャッターまで載せてきた。
さらにこれに裏面照射型CMOSをフルサイズ機に導入し、ローパスフィルターレス、4K動画にも対応と、およそ現時点で考えられるフルスペックを搭載してきました。

恐ろしい。まさにフラッグシップ機。。。

ただし、価格も尋常ではありません。
40万オーバーという、およそミラーレス一眼機にありえない価格設定。
海外では $3200とのことですから、円安の影響を受けたとも言えます。
ただ、それにしても、強気すぎる価格です。
このスペックなら納得はしますが、いつか売却とかなった時に大きく値崩れしてそうで怖いです。

後、この流れなら、次に登場する(?)であろう α7SⅡ がいったいどうなることやら・・・

※書いてる途中で、早くも α7SⅡの発表がありました。
 1220万画素・ISO409600の従来機のまま、他は α7SⅡ と同じです。(ちょっとホッとしたw)


【開封】
α7RⅡにはキットレンズはなく、ボディのみです。

さすがにフラッグシップ機...というか、40万円機。
箱を空けると、なんだかいつもよりパーツが多いぞ。w
a7r2_00.jpg

いつもはストラップとバッテリー一個くらいなのに、バッテリーが2個もある?!!

なぜだ?すぐなくなるからか?

そして、充電器がついてる!!! でも古いタイプのやつだ。。。
USB直接充電用コンセントもある。

後、よくわからないパーツ(写真左下)がありましたが、どうやらこれは4K動画撮影時に使うケーブル固定金具でした。

う、、、うーん。
すでに充電器もBC-TRWを持ってるし、バッテリーも今までと同じNP-FW50だから、別にいらんのだけど。w
・・・というか、この価格設定の後ろめたさゆえの添付品なのかな?w


【外観】
これまでは α7 を使ってましたので、その比較となりますが、やはりシャッターボタン位置が変更されたのがこの上なくうれしい。
全面ダイヤルも上方向に傾きがあって、しっくりきます。
例によって、ストラップ耳は「シャリシャリ」ですけど。w
a7r2_01.jpg

各種ボタン、ダイヤルも十分揃っています。
カスタム可能なCボタンも4つあります。
あ、あと、安心してください。α6000 と違って、当然ながらシューカバーはついてますよw
a7r2_02.jpg

ただ、ちょっと気になったのが、モードダイヤル(P、S、A、M)のロックボタン。
個人差はあるのかもですが、これ、必要ですかね?
まま頻繁に変えるのでボタン押しながらはめんどうです。
ってなにより、このダイヤルは結構硬いので、誤操作する心配もなさそうなんですが・・・。
むしろ、露出ダイヤルの方につけてほしい。w

外観的には、ほとんどα7Ⅱとは変わりません。
価格は全然違うだけに、もっと自己主張したいところ(?!)ですが、そっと添えられた「α7RⅡ」のロゴで区別しましょう。w
a7r2_03.jpg


【オプション】
液晶保護フィルムのみ、別途購入しました。
実はこれ、RX100M4用と全く同じです。
当然ながら、液晶画面の大きさも全く同じだったんですね。w
w02.jpg

現所有の最大サイズと最小サイズのカメラなんで、ちょっと意外でした。
w01.jpg

【総評】
当面の間、誰も追いつくことができないようなハイスペックです。
機能面では文句のつけようがありません。
でも、やはり価格はひとこと文句は出てきます。w
評価はその点を差し引いたもので、もしこれが30万前半価格なら文句なし満点です。

裏面照射CMOSのセンサーにおそらく大きなコストがかかってるんでしょうね。
「どうだ!おまえらの望む最高スペックをつくってやったぜ!」的なSONYさんの一切妥協のない意気込みは感じます。
今回ばかりは円安を恨みますが、それに見合う恩恵は預かれる...はずです。(レンズと腕次第w)

ともかくも... RX100M4 と合わせ、この60万近い出費はキツかった~。
いずれも素晴らしいもので、後悔はしてませんが、さすがに今後は自重しないと・・・。

コンデジ RX100M4、APS-C機 α6000、フルサイズ機 α7RⅡ。
今後しばらくはこの3兄弟で頑張ります。
zeiss02.jpg

最後にZEISSレンズも三兄弟で。w
zeiss01.jpg

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://bakusuinobita.com/mt/mt-tb.cgi/348
Listed below are links to weblogs that reference
SONY ミラーレス一眼 α7R II ボディ ILCE-7RM2 from 明鏡溢水

Top > カメラ > SONY ミラーレス一眼 α7R II ボディ ILCE-7RM2

Search
Adsense
Banner